LAV臨床研究会(Ladies Association of Veterinary Practitioners)は、1986年に発足しました。当時はまだ女性獣医師の数は全体の20%ほどで臨床に携わる女性獣医師の割合はさらに少なかったものと思われます。
そんな中で、家事との両立の悩みを話しあったり、わからない症例を相談しあったりする小さなグループから、この会は発展してきました。現在、会員数は70名ほどです。

 本会の主な事業は、実際の臨床に役立つセミナーの開催です。年5回ほど実施するセミナーは一般開業獣医師が知っていなければならない基本的なことを再認識できるような内容を取り上げるようにして います。
昨今は、獣医師にとっても飼い主にとっても、ありがたいことにより高度な技術や、知識を必要とされる分野において専門医への紹介がしやすくなって きました。専
門医へ紹介する必要があるのかないのか、それを見極める目というものは常に養っておく必要があることから、同時に高度医療の現場では、どのようなことが可能になってきているのかという情報も得られるよう配慮しております。

 男性獣医師も特別会員として入会いただけます。セミナーへは男性獣医師、お気軽にご参加ください。
セミナーのお知らせは会員の先生には、はがきでお伝えいたします。そのほか各専門誌、ホームページに掲載もしております。

 


 

ご挨拶

 LAV臨床研究会の主なる活動は、開業医が最低限知っていなければならない知見を再認識できるようなセミナーを開催する事です。
そのために理事の先生方と 協力して努めていく所存です。どうぞご意見ございましたらセミナー時の受付まで、あるいはホームページの方へお寄せください。又、昨年の総会で承認されま した男性の先生も会員と同等の資格でセミナーを受けられる特別会員の件ですが、2名の先生がご入会されました。
今後も年に2~3回以上参加される先生には メリットがありますので、お知り合いの先生にはお声かけください。

どうぞよろしくお願いいたします。

トップに戻る